キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接

キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。
そのため、仕様としてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。
docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

一般に、帯域が太ければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなく基盤がしっかりとした選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月額1000円以下という料金プランも。

一回は、確認してみてもいいかもしれませんね。
データ通信が安くできる格安SIM。1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム