格安SIMが使えれば携帯電話料金を安くでき

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと1000円未満ということも。ここはひとつ、考えてみてもいいかもしれませんね。iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。
auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。

そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。現在、格安SIM・格安スマホを提供するほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。
スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

データ通信が安くできる格安SIM。
月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム