最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てき

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMを利用することができます。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安のSIMを使うと1000円未満なんていう料金になることが。
一度、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。
低価格でデータ通信できる格安SIM。1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。その理由として通信速度は、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

「太い回線帯域」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。
理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム