大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。
携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近注目されるようになっています。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。したがって事業者を選定の際には、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。
データ通信が安くできる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者だと1000円未満という費用になることも。

ここはひとつ、確認してみても良いかもしれません。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。格安SIM初心者の方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。
格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。一例を挙げると通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、通信回線の帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム