通常のスマホやネットワーク接続できるタブ

通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

どの事業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。
「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。スマホなどに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月額1

000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと月額1000円以下なんていう費用に。一度、考えてみてもいいかもしれませんね。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム