通常のスマホやSIMが搭載できる

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

一般に、帯域が太ければ利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。
低価格でデータ通信できる格安SIM。例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯代の削減ができます。
docomo等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと1000円未満という料金プランも。一回は、考えてみてもいいのではないでしょうか。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行ける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム