あなたが格安SIMに切り替えれば通信費の削

あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月々数百円ということも。

一度、確認してみても良いかもしれません。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。
大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。安価にデータ通信ができる格安SIM。月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを素早く処理できるため利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなく回線や設備の品質も含めてMVNOを選択した方が良いことが分かります。

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。docomo回線の事業者であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム