キャリアから購入したスマホやネットワーク接続で

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMを利用することができます。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。
au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月に1000円程度なんていう料金になることが。ここはひとつ、考えてみてもいいのではないでしょうか。今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。現在、格安SIM・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。例えば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。
「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム