スマートフォンや外でも接続できる

スマートフォンや外でも接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のSIMカードを使うことができます。低価格でデータ通信できる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。
ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。
格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。通常、帯域がしっかりしていればユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は低下せず、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。
今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、カタログスペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。
どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。
「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前のICカードのことを指しています。
スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近注目されるようになっています。あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。通常だと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと月々1000円という費用になることも。ここはひとつ、プランニングしてみても良いと思います。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム