今ならDOCOMOやKDDIなども格安

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行けるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。
低価格でデータ通信できる格安SIM。
1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

通常、帯域がしっかりしていれば一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

したがって事業者を選定の際には、値段だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。
今現在、格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。例をあげると、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。
そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。
格安SIMが使えれば、月々の通信費を抑えることができます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月に1000円程度なんていう料金になることが。一回は、考えてみても良いかもしれません。
キャリアから購入したスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム