今現在格安SIMスマホを販売するたくさんあ

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。データ通信が安くできる格安SIM。月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のIC型のカードのことです。
スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。
しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。
そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選ぶことをオススメします。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。
docomo等だと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと1000円未満なんていう費用に。一回は、見直しを考えてみても良いと思います。

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム