昨今ではドコモやAUなど大手通信会社自らが提供す

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。
格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。
そのような方は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。
格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月に1000円程度ということも。

ここはひとつ、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム