NTTドコモKDDIなども格安SIMへ参入

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月々1000円なんていう料金になることが。

いったん、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。月額1

000円前後の格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「太い回線帯域」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われているIC型のカードのことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMを利用することができます。

一般に、帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良いことが分かります。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。
docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

Menu

HOME

 TOP

ファミコンブーム